《リコール》ステップワゴン・フリード

”ブレーキマスタシリンダにおいて、セカンダリカップの材質と形状が不適

切なため、カップがリザーバタンクホースからブレーキ液中に溶け出した可

塑剤により膨潤し、また、走行中のエンジンからの熱影響により膨張すると、

変形することがある。そのため、シール性能が低下して、ブレーキペダルを

ゆっくり踏むとシール部からブレーキ液が漏れ、最悪の場合、制動距離が長

くなるおそれがある。”